ASCII 表 (制御コード 意味付)

図でなくTableを使っているので綺麗に表示されます。 縦が上バイト、横が下バイト。 1B(1b)だとESCです。 制御文字にマウスポインタをあわせると日本語と英語の意味とCtrl+の割り当てとPythonやNodeJSで使うエスケープシーケンスコードが表示されます。

ASCII 表

16進数0123456789ABCDEF
0NullNull character
(Ctrl+@), \\x00
SOHStart of Header
ヘッダー開始
(Ctrl+A), \\x01
STXテキスト開始
(Ctrl+B), \\x02
ETXEnd of Text
テキスト終結

(Ctrl+C), \\x03
SIGINT
[EOTnd of Transmission
伝送終了
(Ctrl+D), \\x04
ENQEnquiry
問い合わせ
(Ctrl+E), \\x05
ACKAcknowledge
肯定応答
(Ctrl+F),\\x06
BELBell
ベル
(Ctrl+G), \\x07
BSBackspace
バックスペース
(Ctrl+H), \\b or \\x08
HTHorizontal tab
水平タブ
(Ctrl+I), \\t or \\x09
LFLine Feed
改行
(Ctrl+J), \\n or \\x0A
VTVertical tab
垂直タブ
(Ctrl + K), \\v or \\x0B
FFeed Forward
改ページ
(Ctrl+L), \\f or \\x0C
CRCarriage Return
復帰
(Ctrl+M), \\r or \\x0D or \\13
SOShift out
シフトアウト
(Ctrl+N), \\x0E
SIShift in
シフトイン
(Ctrl + O), \\x0F
1DLEData Link Escape
伝送制御拡張
(Ctrl+P), \\x10
DC1Xon(transmit on)
Device Control 1
装置制御 1
(Ctrl+Q), \\x11
DC2Device Control 2
装置制御 2
(Ctrl+R), \\x12
DC3Xoff(transmit off)
Device Control 3
装置制御 3
(Ctrl+S), \\x13
DC4Device Control 4
装置制御 4
(Ctrl+T), \\x14
NAKNagative acknowledge
否定応答
(Ctrl+U), \\x15
SYNSychronous idle
同期信号
(Ctrl+V), \\x16
ETBEnd of Transmission Block
伝送ブロック終結
(Ctrl+W), \\x17
CANCancel
取り消し
(Ctrl+X), \\x18
EMEnd of medium
メディア終端
(Ctrl+Y), \\x19
SUBSubstitute
置換
(Ctrl+Z), \\x1A
SIGSTP
ESCEscape
エスケープ
(Ctrl+[),\\x1B
FSFile separator
ファイル分離文字
(Ctrl+\), \\x1C
SIGQUIT
GSGroup separator
グループ分離文字
(Ctrl+]), \\x1D
RSRecord separator
レコード分離文字
(Ctrl+^), \\x1E
USUnit separator
ユニット分離文字
(Ctrl+_), \\x1F
2SPSpace
空白
!"ダブルクオーテーション#Hash(Programming), Pound(USA, UK), Sharp(Music)$%&'シングルクオーテーション()*+,-./
30123456789:;<=>?
4@ABCDEFGHIJKLMNO
5PQRSTUVWXYZ[ファイル分離文字
\\¥ or \\x1C
]^_
6`バッククオーテーションabcdefghijklmno
7pqrstuvwxyz{|}~DELDelete
削除
SIGINT
\\x7F"

自分のメモ

イベントシグナル

Process | Node.js v22.4.1 Documentation

EOF(End of File)

nodejsbのprocess.stdin.on(‘end’,)に必要

Windowsの場合、Ctrl+Z(\x1A)の後に\x0D\x0Aが必要。

C言語の場合は、EOFは(int)-1。

コメント

タイトルとURLをコピーしました